山田まりやはどこの助産院でパーティ出産?準備が?クローン病?だんなは?子供の名前が不吉?

山田まりやさんは1980年3月5日生まれの36歳。1996年、第1回 ミスヤングマガジングランプリを受賞、フジテレビビジュアルクイーンオブザイヤーに輝くなど華々しいデビューを飾ったグラビアアイドル山田まりやさん。明るいキャラクターでバラエティ番組でも人気でした。

ウルトラマンダイナに出演して注目を浴び、その後も数多くのドラマ、映画、舞台で活躍されました。

とっても明るい山田さんですが、生い立ちが壮絶でご苦労されたようです。暴力をふるうお父さんから、病気がちのお母さんと弟さんを守るために芸能界で頑張っていたという山田さん。父親代わりとして生きてきたので、弟さんが高校を卒業するまでは結婚をしないと決めていたそうです。

そんな山田まりやさんは幸せな結婚をし、ご自分の夢だった友人たちに囲まれての出産をされました・・・

山田まりやはどこの助産院でパーティ出産?

山田まりやさんは、2012年12月29日に第一子となる3360gの男児を出産しました。

出典http://image.search.yahoo.co.jp/

出典http://image.search.yahoo.co.jp/

出産前、山田さんは「友人を集めてパーティーみたいに赤ちゃんを産みたい」と語っていたようですが、夢が現実になりました。助産院じゃないとなかなかできない事でしょうね。

出産した助産院は横浜市の助産院 名まえは「バースハーモニー」です。
たまたま近くに住んでいるのでバースハーモニーを知っていたのですが、当時助産院での出産を考えていなかったので、そちらでは産みませんでした。

ただ、呼吸教室や、自力整体や、マクロビオティック食養料理教室など興味のある教室を開催しているので、単発での教室に顔を出した事があります。

とっても素敵な助産院ですよ!

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

助産院には三日前からつきっきりの女優・田中美里さん、カーヴィーダンスの樫木裕実さん 川島なおみさんなど男女数十人が集まってのパーティ出産となり、午前8時46分に赤ちゃんが誕生した時は歓声と拍手に包まれたそうです。

男性は、旦那様以外にも立ち会った方がいるのかな?

<スポンサードリンク>


準備が?

山田さんは、助産院での出産を望み、5ヶ月間しっかりと、出産に向けて準備をしたようで、

“痛みの恐怖”よりも
“出産は素晴らしく楽しい事”と

メンタル的にも物凄く強い前向きな気持ちで
臨む事が出来ました!!!

と、ブログに書いていました。

そんな気持ちになれるための準備とはどんなものだったのかブログに書いてあることを抜粋してみました。先ほど書きましたように、助産院でのお教室に通っていたのですね。

妊娠中は、どんな事に気をつけて生活ををされていたかというと、助産院では手のひらを見てもらい自分に合った食事指導をしてもらえる食箋をしてもらったり、助産師さんの所で開かれたマクロビオティックのお料理教室に通ったり。

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

また自宅でも、体と栄養について学んだ事を生かし、玄米菜食を中心にして、動物性タンパク質や砂糖やフルーツなどの果糖も避け、玄米酵素を身体に沢山取り入れ免疫力を高めつつ余分な物は排出したお陰で貧血にもならず血液検査もバッチリだったそうです。

また運動面では、カーヴィーダンスの樫木先生のところで、樫木式マタニティストレッチを行い、体を整えたようです。

体重は9キロ増えたのに、お腹以外は何故かみんなに痩せたね~と驚かれ、

お肌の調子も良くなって浮腫みもなく腰痛もなくこむら返りもなく爆睡も出来るし何よりめちゃくちゃ元気アップで過ごせました

出典http://ameblo.jp/

出典http://ameblo.jp/

出産予定日まで、友人と自宅でパーティを開いた時も体に良いマクロビ料理や、雑穀をふんだんに使う”つぶつぶ料理”などでおもてなししていました。

山田さんの出産までのブログを読んでいると、本当にマタニティ生活と、出産を楽しんだんだなと思って素敵でした。こんな風に楽しめたら良いですね。

クローン病?

健康管理もばっちりで、何の心配も無かったように思える山田さんですが、実は難病を患っていました。

http://remi-piatek.com/

http://remi-piatek.com/

山田さんが患っていたのはクローン病という腸の疾患です。(IBDの一種)

IBD IBDとは、大腸や小腸に原因不明の炎症を起こす難治性の炎症性腸疾患の総称 潰瘍性大腸炎とクローン病の2つの疾患を指す

出典:難病情報センター | クローン病(公費対象)

10歳~30歳までの若年層に多く見られ、症状としては腹痛、発熱、下痢、体重減少などがあります。特効薬が無いので完治は難しいそうです。

山田さんは2003年の舞台公演中に発熱、腹痛、下痢の症状が出ました。その際、虫垂炎の手術を受けたがその後も同様の症状が続き、詳しく調べたらクローン病と診断されたようです。

2014年5月19日「IBDを理解する日」のイベントで難病のクローン病であると告白し、当時のつらさを語っていました。

飲みすぎでしょとか言われたりして、孤独感を味わったそうです。辛く、うつのような症状にもなったようです。

安部晋三首相が2007年に辞任するきっかけにもなった潰瘍性大腸炎もIBDの一種ですね。

クローン病が遺伝するのではないかとお子さんを心配する声があるのですが、クローン病は単一の遺伝子異常だけで発症するのではなく、いくつかの遺伝子異常と環境因子が複雑に絡み合って発症すると考えられているので、必ずしも崇徳くんに遺伝するとは限らないようですよ。

だんなは?

山田まりやさんの旦那様は、声優やナレーター、舞台俳優をされている草野とおるさんです。

出典http://matome.naver.jp/

出典http://matome.naver.jp/

山田さんよりも山田さん13歳年上になります。

山田さんが草野さんのマンションに入っていくところがスクープされた時、記者が山田さんを直撃した際、「交際は順調。結婚についてはいつでもいいように考えています」と交際を隠さずに認めました。

また、自分のブログでも「何をいまさら」と言った感じで、雑誌「フラッシュ」に掲載された草野さんの画像がきちんと写っていないからときちんとした画像を載せるなどして、そのオープンさに、かえってファンからは祝福されたそうです。

子供の名前が不吉?

山田まりやさんの長男の名前は”崇徳(むねのり)”くん。

出典https://twitter.com/

出典https://twitter.com/

4月の靖国神社奉納相撲の時に、豊ノ島関と。かわいいですね

日本の怨霊3人として有名な崇徳(すとく)天皇と同じ漢字の名まえという事で、怨霊ネームなどとしてたたかれました。

または、天皇に使われた漢字を付けるとは不遜であるという意見も。

しかし山田さんが崇徳(すとく)天皇を意識して名まえを付けたかどうかはわかりませんし、崇という字は 「崇敬」「崇拝」というように、あがめると言う意味で、徳を崇めるという意味で名づけたのかもしれませんし、怨霊ネームと言ってしまうのはどうかなと思ったりもします。

お子さんが、そういった事でいじめられたりしないと良いですね。山田さんが何か素敵な由来で付けられたのだとしたら、それを話してあげて、変ないじめには負けないように自分の名前に自信が持てるといいなと思いました。

現在は?

クローン病?という章で山田まりやさんのクローン病は完治が難しい病気であると書きましたが、山田さんは薬膳料理や、中医学、漢方などを学んでライフ漢方アドバイザーや、薬膳インストラクターの資格を取り、また実践する事で寛解(症状が落ち着いて安定している事)状態にあるようです。

ブログを読んでも、毎日とても食事に気をつけて、しかも楽しんでいる様子が書いてありとても頑張っているんだなと思います。

お子さんもご主人もお幸せですね!

これからも明るく元気に楽しく山田さんらしく活躍していただきたいなと思います!

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

コメントを残す